トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/31

FZ1カスタムネタ-その15

R1エンジンへの換装時に問題がありまして!

キーシリンダーの外径がFZよりでかい。

外径がでかければ、当然トップブリッジに装着できない・・・・・どうする?

親父     「 R1のトップブリッジ付けてよ 」

例の店主が 「 オフセットが違うから付くわけね~だろ 」

親父     「  ノーマルのリングを切断するかい・・・・涙 」

店主     「 しょ~がね~な~、待ってろ 」

で、店主は裏でごそごそ・・・・

親父     「 FZのオセットは、24mmくらいか。R1は28mmか・・・どうなるの? 」

店主     「 これでいいだろ 」

親父     「 FZのノーマルじゃん 」

店主     「 良く見てみな 」

親父     「 リングがでかい・・・・どうして? 」

店主     「 ヨーロッパ仕様はイモビ付きだからね 」

親父     「 宜しくお願いします。でも何故こんな物があるの? 」

店主     「 ・・・・・・・・  」

Fz120081031_005_2 なにはともあれ、装着。 ありがとう、店主殿。

Fz120081031_006 ポストの穴は、手持ちのアルミカラーで隠してます。

Fz120081031_007_2 しっかりと、鍵もイモビ付きです・・・・高級感あるな・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

真ん中の黒いステーは、サーキットのラップタイムを計測する機器取付け用。

Fz120081031_014 こんな感じで装着。

 

↑画像の真ん中に一番下に写ってるナットみないな物、これ実は・・・・。

次回にUPします。

昨日、奥様が美味し晩御飯を作る時に、いきなり笑い始めたので、ついに来たか・・・・と思ってたら、

奥様  「 我家にも、ボーナスが来た~! やった~! 」

親父  「 この次期になに言ってんだよ・・? 」

で、台所に行くと・・・・

Fz120081031_002 確かに、刺さってるようにも見えるけど。

親父も、ボーナス貰いて~ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/29

FZ1カスタムネタ-その14

今回は直接手足で触る部分について。

最初は、手で触る部分と言えば、レバーとグリップ。

グリップは、青春時代からの定番、  TZグリップ !

がっちりと握れて、滑らない、振動はモロですけどね。

握り方は、小指をグリップエンドの外に置き、指の間でエンドを挟むように握ってます。

この握り方の利点。

少ない力で、外力を抑えられる事と、切り替えしとかコーナー入口での逆位相操作とかが、非常に楽にできる。

そして、ブレーキ及びクラッチレバーの外側を握れるので、負担が少ないのと、微調整が利く。

ここで、問題!

クラッチレバーが遠くて外側が握れない。

そこで、アクティブ製可倒式レバーの位置を手前に持ってくる為に、位置を調整できる様に改造してます。

レバーのホルダー側部品に、4mmのネジが入るように改造して、最初からレバー位置が10mmくらい手前になるようにすると、グリップエンドを握っても大丈夫。

3.4mmの穴をあけて、タアップを切り、全ネジを入れて完成。

さらに、握り始めで、レバーの角(断面)が最初にあたるので、面あたりにしたくてレバーの断面を面取りから、完全な半円近くまで削ってあります。この加工で、握り始めから一定の力で引く事ができるので、操作性はかなり上がりました。

Fz1081012_009

ホルダーとレバーの間が開いてるのわかりますか?

次は、ブレーキレバー。

ブレーキホルダーをスイッチBOXより離して(車体中心に近づける)、よりレバーの外側を握れるようにしてます。(クラッチも同様)

そして、レバー断面も同様に加工。

実際の走行時には、基本をエンド握りで、ブレーキを強く掛けない時は内側を握るとかしてます。そして、指も2本掛けを基本として、4本、外3本とかをケースバイケースで使いわけてます。

Fz1081012_0291

次に、足。

オ-バー製BSにしてるので、ステップが○ではなくて若干平らな部分が有ります。

この平らな部分を、足の裏と平行にすると、蹴り足を使う時に具合が良い。

Fz1081012_0022

そして、ペダル位置もブーツのソールに触る程度に調整。

逆シフトにしてます。

パイプハンドル時のレバー位置

072008_0101

純正と比べると、かなり内側に取付けている。

今回のカスタムは、個人的には結構効いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/28

愛機FZ1カスタム明細

これまで施してきたカスタムを、まとめてみました。

外装   スクリーン   マジカル→PUIG→ノーマル(下部ブラックアウト)

      Fカウル    ノーマル+ラジエターカバー(マジカルカーボン)

      Rカウル    グラフバー撤去後塗装

      タンク      形状変更後に塗装

      ミラー      04R1用ミラー

      シート      前のみ盛加工+ベース削除後硬質ゴム挿入

      チェーンガード  追加

      メーター     04R1用メーター

灯火類   ヘッドライト  ノーマル

       ウインカー   プロトエアロウインカー → LED化

       テールランプ   LED 穴あけ加工

足回り   Fフォーク    05R1用フォーク(スプリングレート9.0→8.5)

       ステアリングダンバー追加 (オーリンズ180mm)

       Rショック    オーリンズ車高調整機能付(スプリングレート11.0)

       ホイール     ノーマル+バルブ90度曲に変更

操作系   ハンドル    ファナテックロー+ポシュXJR用ローポスト  ↓

                 ファナテックロー+ポシュXJR用ハイポスト  ↓

                 ギルズツーリングバリオ+切角抑制

 

        ステップ    オーバーGP  →  ベースプレート加工で前寄りに

                 ベースプレート製作でオーバー純正より5mm前5mm下

                 8mmオフセットのベースプレートに変更予定

 

        レバー     クラッチレバー  アクティブ可倒式

                 ブレーキレバー  アクティブ可倒式 → ブレンボ可倒式   

                 断面Rを大きく取り、コ → ) 初期の握り易く加工  

ブレーキ    Fブレーキマスター  R1ノーマル → ブレンボラジポン19*18ビレット 

         Fキャリパー    ブレンボラジアル2ピース 30*34

         Fブレーキパット  メタリカt3 → ブレンボノーマル

         Fローター     ブレンボ5.5mm

         Fホース      スウッジラインW

         Rホース      スウッジライン

         Rキャリパー    ノーマル

         Rブレーキマスター     ノーマル

         Rローター      ノーマル  

駆動系     チェーン    530 → 520 

         二次減速  F17→16  R45

エンジン     Eg 本体    04R1 Eg に乗せ替え

          クラッチ     バックトルクへ変更(メーカー?)

          一次減速    クロスミッション

          圧縮比     キットパーツパッキンにて変更

          これ以上詳しい事は分かりません。

電装系       04R1用  ハーネスに全取替の結果、イモビキーになってます。

          

思いつくままに羅列しましたけど、忘れている事も有りそうです。

日記代わりにブログやってたら良かったかな?

バイクに乗る事が好きで、自分で弄る事はそんなに好きでも無いので、例の店主にお任せでした。

どうやったら気持ち良く走れるか?  を考えてここまで来ちゃいました。

確かに気持ち良く走れるようになりましたけどね(じゃ~ないと泣くね)

しかし、最近思う事が一つ!

リターンして、浦島太郎状態で仕方なった(自分に言いきかす)けど、自分に合うバイクを購入する事が大事だわ・・・

暫くはこのまま乗り続けるけど、次期愛機の選定は、間違わないようにしよう。

・・・・・・・と、深く思う自分がいました。

      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/27

メンテナンス編

メンテナンスと言えば、Egオイルですかね?

愛機のオイル交換サイクルは、距離で交換ではなく、フィーリングの変化を大事にしてます。

ここでのフィーリングとは、主にギヤの入りが悪くなる事。

今まで使用したオイルの銘柄、使用感は、

① MOTUL 300V  FACTORY LINE  

ギヤの入りは最高に、スムーズです。  1500~2000㎞で極端にギヤの入りが悪くなり、交換してました。 

② ヤマハ エフェロ 4RS

①に比べて、若干スムーズさに欠ける。スコンと入るかスコと入るかの違い程度。 2000㎞程度は確実に持ちます。

③ ワコーズ トリプルR   

現在、使用してるお気に入りです。 3000㎞程度までは、ギヤの入りが良いですが、徐々にフィーリングが悪化していきます。

サーキット走行などで、トップエンドまで廻してシフトUPする様な使い方だと、①と②はギヤが入りずらくなりますが③は平気です。

蹴り込む様にシフトUPすれば、すべてきっちりシフトUPできますが、足首の動きだけでシフト操作を行うと、入る、入らないが出て来ます。

コストパフォーマンス面では、③の優勢ですね。 うまくすれば、5000㎞近くまで使えるかもです。

ヤマハ車の弱点でもある、クラッチ廻りを少しでもカバーしてやれば寿命も延びるかな! 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/26

知らなかった!

えぇ~、コメント頂いた皆様、無知とは怖いものです。

頂いたコメントが公開されていないとは、知らずにいましたので、早速公開しました。

今も良く判らないのですが、公開されるコメとされないコメがあるのですよ。

なぜ・・・・・・?

本日のBS奥多摩ミーティングに行ってきました。

が、生憎の天候で、バイクはチラホラしかいませんでしたね。

次は何処で開催しようか?  と悩んでました。

関東地区限定なのですが、アディアあれば教えて下さいな!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/10/25

FZ1カスタムネタ-その13

本日のカスタムネタは、タイヤ関係でいきましょう。

自分は、リターン後はBSしか履いてませんので、他メーカーの事はわかりません。

納車時に履いていたタイヤは、ダンロップ製でした。

ナンバー取得時にはすでに、BT-002ストリートになっていましたけど!

その後の流れは以下の通り。

①  0~5000㎞  前後 BT-002ストリート    使用距離5000㎞

②  5000~9000㎞  前後 BT-002ストリート    使用距離5000㎞

③  9000~9500㎞  前BT-002t3  後BT-002t3  前後共中古  使用距離500㎞

④  9500~12500㎞  前BT-002t4  後BT-003t3  前中古  使用距離3000㎞

⑤  12500~現在  前BT-003t3  後BT-003t3   現在距離2500㎞

ハイグリップ系しか履いてませんね。

①②の時は、通常エアー圧 F2.0 R2.0

③の時は、ほぼサーキットオンリーで、はじめはF1.95 R2.0 最後はF1.8 R1.9まで落としましたが、インフョメーションを感じないので自分では使い切れない物でしたね。

④この組合せが一番好きでした。 街乗り~サーキットまで F1.9 R1.95で使用してました。(ただし、ロングのときは0.1~0.2程度加圧してました)

⑤は現在の仕様ですが、④に近いですけど乗りやすいです。F1.9 R1.9

エアーバルブも交換してます。

フロントは特にエアーの確認等をし難くて、前後を90度曲がりのバルブに交換。

交換時の向きは、必ずサイドスタンドと逆方向に向けないと作業しずらいです。

④か⑤の画像

072008_007

Fz1081012_012

エアーバルブ

Fz1_20081021_015

サーキット走行後のタイヤですから、結構溶けてますね。

コーナーリングスピードは、非常に遅いです。前後の減速・加速はそれなりに。

タイヤ性能をもっと使えば、端っこにゴム玉が出来てきますので、まだまだですね。

アメリカやヨーロッパでは、年配の方々が40代を小僧扱いで、元気一杯サーキット走行してるとも聞きます。できれば、ツーリング時々サーキット そんなバイク道を突き進んでいきたいです。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/24

BS奥多摩ミーティングと筑波サーキット

今度の日曜日に、奥多摩周遊道路内の駐車場にて開催。

タイヤの診断とか行うようです。

BS教信者の自分も、散歩がてら午前中行く予定です。

展示車輌の車輌はパイプフレーム+R1のEg+カーボンタンク+カーボンシート・カウル

実はこれ、例の店主が製作本なんですが、今日発売のロードライダーに掲載されてました。興味ある方は、奥多摩まで散歩して下さいな!

本日の筑波サーキットは、雨。  BS BT-00履いている親父には、厳しいコンデションでしたので、15分×3本の走行枠のうち、最後の1本のみ走行しました・・・・しかも、4周のみです。

なんだか、先頭でフリー走行開始になり、前に誰もいない状況を楽しんで、4周の走行を終えました。

なぜ、たった4周なの?

それはね、・・・・・・内緒じゃなくて、3周走行した時点の裏ストレートで、2速全開13000rpmまで引っぱりクラッチレスでシフトUP(勿論オートシフターですよ)、よっしゃ~行け!

えっ!  タコメーターがなぜか13500rpmに跳ね上がる? 

親父 「シフトUPしたよな~? UPすると、普通回転下がるよな。・・・・・・? 」

    「まさか、空転してる?  ならばアクセルちょい戻し・・・・前に進まね~」

    「もうちょい戻すか・・・12000・・・11000・・・10000・・・・9000rpm」

    「きた~!  やっと前進してる・・・・まったく、なんつーパワーだよ」

こんな事がありまして、尚且つ雨脚も強くなってきたので、走行中止にしました。

今の自分の技量・体力では、これ以上は危険と判断する事も大事だと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/10/23

FZ1カスタムネタ-その12

今回は、マフラー編でござるよ!

納車時に、すでにアクラボek1?-SPを装着してました。

バッフル付きのカーボン仕様ですね。

2007年4月ですから、徐々に06FZ軍団の皆様がマフラー交換され始めてる頃です。

この頃から、アクラボが一気にメジャーになってきた用に思います。

とりあえず、当時の画像をUP!

Fz1_070628_0011

これは、減速時6000rpm前後の太鼓を打つような音が凄かったですね。 もちろん、バッフル無時ですけどね。

結構皆さんがアクラボ装着される様になって、もうちょうっとレーシーなサイレンサーがないかと物色してましたが、FZ1用では無い!

フルエキにしたいのだけど、気に入った物が無いので当面はスリップオンで良いか・・・。

そういえば、例の店主のところにやけに短いサイレンサーがあったな・・・FZ1に付くのかな?

他車のサイレンサーをぶった切り、ショートにしてあるので、なんとなくポン付け出来そうな気配がプンプンするしな~    よし、付けちゃえ!

で、すんなりと装着できました。

これ、アメリカのメーカーで、レーザーホットカムらしい?

サイレンサーの断面の形が、カムの形状になってるし、誰も装着してないし、日本に入ってきたないし・・・・・ひとりで、ニマッとしてます。

20083_0291

はっきり言って、爆音です。 都内では、すぐに逮捕かもですね。

そこで、バッフルを頃合の物で内部をへの字に曲げて装着しましたよ!

動画のUP方法知らないので、音を聞きたい方は、UP方法を教えて下さい・・・・・・かなりの無知ですから、覚悟して下さいな?

特性は・・・・・わからん!    たいして変化無しです。

減速時の太鼓を打つような音には変化ありました。

アクラボの、6000rpm前後のパンパンが、8000rpm前後のドロドロ?になり、R1Egでは、何もなくなり気分爽快です!

明日は、今年最後のBS筑波走行会に行ってきます。

てるてる坊主作るかな・・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/10/22

装備品

ろくでなし親父も人の子である。

もしも、転倒したら、もらい事故でもしたら、と考える事が当然だ~な!

先日の伊豆ツーの前日も、事故ったらどうしようとか、マイナス要因ばかりが頭をよぎり、寝付けないのも事実。

二輪事故での、損傷部位で上位に上げられている、胸部損傷の事が気になっていた。

バイクに乗る時は当然、 ヘルメット(ジェット)+グローブ+長袖シャツ+長ズボン+ライディングシューズを最低装備とし、 正装として、ヘルメット(フルフェイス)+グローブ(レーシング)+革つなぎ(クシタニ)+レーシングブーツ  としている。

この中には、胸部のガードが無い、どうしよう(汗

今まで、腕+肩+背中+胸 が一体となった装備品も使用してみたが、ライディングのスポイルになり、かえって危ないと感じた経緯がある。

最近、話題になっている胸部プロテクターなるものも、同様かな?

しかし、半諭吉で購入できるならば、試してみるか!

販売店で手にとってみると、変形させやすく、体にフィットするではないか!

これだったら、ライディングに集中できるかも?

で、購入したのがこれだ。

オレンジ色が、体側。

Fz1_20081021_013

黒色が表側。

Fz1_20081021_014

今回の伊豆ツーは、正装。  

ツナギのアンダメッシュの内側、Tシャツの上に装着してみた。

固定してないので、落ちるかな?

一日を通して装着しての感想は、プロテクター装着してる事を思い出すのは、ツナギ上半身を脱ぐ時だけ!

ライディング中は、全く気にならない。

いままで試したプロテクターの中では、最高の部類に入る装着感でした。

装着してる事を忘れるぐらいでしたかね。

あとは、強度を試す機会の無い事を祈ります。

親父体型の自分には、ジャストフィットで、まったくずれなかったね。

細身の方とかは、工夫が必要かも?

皆さん、数千円で安心が買えますよ!

そうそう、宣伝です。  

関東方面の方にお知らせですよ!

今週末の26日に、BSミーティングが奥多摩周遊道路内のパーキングで開催されます。

朝9時から奥多摩周遊道路のゲートがオープンするので、興味ある方は参加して下さい。

当日は、ありえないバイクが展示されます。

鉄パイプフレームのR1を想像できますか?

当日は、親父も午前中のみ参加する予定です。

ただし、雨にはめっぽう弱い親父ですので、そこのとこ宜しく!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/21

FZ1カスタムネタ-その11

前回は、Eg関係の減速ギヤからみのカスタムでしたので、今回は本体のカスタムの話。

Eg本体は、04R1用に乗せ替えてます。

最近のバイクはECUの為、制御関係のセンサー等々の問題があり、Eg単体での流用は難しいくなりましたね。

Eg乗せ替えの為に、以前からR1のハーネス類・ECU・メインスイッチ・メーター等を、オークションにて仕入れて準備はしてましたよ!  新品で購入すると幾らになるか想像だけでも恐ろしいです。

えっ・・・なになに、それだったらR1買った方が・・・あたりめーだ! その話は無し!

FZ1のEgが壊れるとは思っても無かったからね。

筑波の2ヘア立上りで、Egに重さを感じてそのままP。

Egを開けてみると、クランクメタルの中央付近にガリキズあり。

原因は、ウイリーのやり過ぎで、オイルの循環を悪くしたのでしょう。

ともかく、これでR1Eg乗せ替え計画発動となりましたとさ。 うれしいのか悲しいのか?

あっという間にEgが乗っちゃったので、画像は何も有りません。 

外見の違いは、クラッチカバーぐらいかな?  でもこれは、FZ1Egの時も同じ仕様ですから、外見の変化は一切無しです。

車体全体では、メーターがR1になってるので、変化はそれぐらいかな?

今回も別セクションの画像UP、 セパハン考察中の方、必見です。

まずは、左にロック状況

Fz1_20081021_011_2

同じく、近景

Fz1_20081021_002

右にロック状況

Fz1_20081021_007

Fz1_20081021_009

次は、カウルとレバーの関係

Fz1_20081021_008

Fz1_20081021_004

Fz1_20081021_005

Fz1_20081021_006

セパハン好きの皆様、これで一歩踏み出せるのでは・・・・・装着報告お待ちしてます!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/10/20

FZ1カスタムネタ-その10

無事、伊豆ツーより帰還して、家族で鍋を頂きました。

今回は、調子が悪くて気持ち良いペースではなかったです~!

原因はわかってますので、要改善ですね。

今回のカスタムねたは、減速比です。

Egの一次減速、いわゆるミッションですけど、クロスミッションが入ってます。 まだ、Eg内部を開けてないので減速比まではわかりませんけど。

通常の1~6速と比較して、クロスの1速が通常の2.5速で、6速が5.5速ぐらいかな。

因みに、FZ1と04R1の比較では、1・2速がショート以外は同じです。

次に、二次減速は標準でフロント17丁のリヤ45丁で530チェーンですよね。

これを、フロント16丁のリヤ45丁で、520チェーンにコンバートしてます。

それぞれの動機は、クロスミッションは一度は使ってみたかっただけですが、520コンバートはフリクションロスの低減になりますからね。

今回のカスタム時注意点は、520コンバート時のチェーンの選択です。

一般品での520チェーンでは、危険です。  耐久レース用の実績がある品物を選択して下さい。 値段も2諭吉ほどしますけど、安全には替えられませんので! 押し歩きした時の軽さは段違いですよ。

ノーマルエンジン時に520コンバートしてますので、その時のインプレッションをすこし。

発進の際に、まったくストレスが無くなり、アイドリングでのクラッチミートでも平気です。また、街中での6速35㎞からの加速も可能で、オートマのようです。そして、これは公道じゃないですけど(ほんとですよ)1速7000~8000rpmで、一瞬アクセル緩めて、ワイドオープンすると気持ち良くFは上がり続けます。ただし、やり過ぎは注意して下さいね、Eg壊しますますからね!

難点は、高速100㎞走行で4500rpmぐらいになり、ついつい7速へシフトUPしちゃいます。

あと、スリッパークラッチも入ってますけど、メーカー名は忘れました。親父ですので勘弁。はっきり言って最高です。

投入する前は、あんな物必要あるの? アクセル合せればいいじゃん! と考えておりましたが、使えば解る性能ですぜ。  アクセル閉じて、ブレーキかけて、あとはシフトダウンするのみ!  バンク中でも平気でシフトダウンできるし、最高!

それと合せて、シフターも投入してます。

足回りのカスタムのチェンジペダルの画像に、ブレーキスイッチとスプリングが写ってますよね。  それが、シフタースイッチです。 

クラッチを切らなくても、シフトアップできる優れもの!  たとえ全開でも可能ですよん!

街中では、UPは以前からクラッチ使用してないけど、峠に行くとシフターの出番です。

メーカーは内緒です。

失火すれば、シフトUPできるので、スイッチは何でもいいけどソフトの問題があるので、御了承下さい。

今回は画像がないので、前回のハンドル廻りの追加画像UPしときますね。Fz1081012_0131

インナーカウルに擦り跡ついてます。ツノの部分の穴はブレンボ用(涙

Fz1081012_0151

Fz1081012_0271

ハンドルを左へフルロック状態

Fz1081012_0261

ニュウトラル状態

Fz1081012_0061

機会があれば、左右のフルロック状況の画像をUPできる・・・・かな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/10/18

FZ1カスタムネタ-その9 補足

セパレートハンドルのメーカー・仕様です。

ギルズツーリングバリオ 60mm 垂れ角は 4度づつ調整でき、前後方向にもある程度調整できる優れものです。

難点は、セットで6諭吉もする事!

Fz1081012_0292

ベストポジションを選択すると、インナーカウルに接触するので加工が必要かも。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

FZ1カスタムネタ-その9

前回は、足元廻りのカスタムでした・・・・・ので記載しなかったのですけど、チェンジ側シフトペダルに連結されいるスプリングとか、ブレーキスイッチ等の存在に気が付きましか?

目的と、効能は後々UPしますね。

今回は、ハンドル廻りのカスタム変遷でござるよ、この事項はトライ&エラーの繰り返しでした。

納車時の感想、 これ スポーツ系? ツアラー系? 見た目はローライダー系じゃん!

第一印象は強烈でしたね。

自分の感性では、若干の凹形で、エンドが下がってれば、ツアラー系で、上がってれば、走り系と認識してます。

23年振りのリターン組としては、手始めはツアラー系、慣れてきたら走り系に替えていけば、リハビリ兼ねて丁度良いだろうと計画。

まずは、第一弾   ファナテック?の一番低いやつ  と  バーエンド(10㎝くらいありそうな、とても長い物でした?)  ポストは、ポシュのXJR1200用の低い物?

Fz1_070628_0091

バーハンドルの装着では、一番低くなると思います。

エンドを10mmカットして幅を詰めてましたから、セルフステアーの邪魔せず、いい感じでした。

足元の組合せは、標準のオーバー製品の一番下の後かな?

ここで、もうちょっと、ステップ廻りで荷重操作したくて少し前にセットしたら、ハンドル位置も高くしたくなり、ポストをXJR1200用の高いタイプに交換して、ハンドル幅も広くしたくなり、同じ製品の購入になりやした(涙

072008_0202

072008_0101

走り系のポジションになりつつあります。

この後、エンジン出力UP計画実施(取替とも言いますが)に伴い、加速に対する踏ん張りが利かなくなったので、また、ステップ位置を後にもどします。

Eg計画実施後の試乗で、上り坂の小さなギャップ手前から、3速7000回転くらいで加速したら、そのままFリフト開始してきて、これは危険だと判断。

くねくね道でのF荷重の不足を感じるとかで、今一度ポジション再考してるときに、なにげにオークション見てると、お~・・・これだ!  と、思える製品があるじゃないか!

しかし、これどこかで見たことあるな~?    そうだ、おいどんライダーさんのブログで見た記憶が・・・・・で探すと有りましたよ。そうか、装着出来そうだな  例の店主ならなんとかしてくれるだろう? 甘い考えで ポチ!

Fz1081012_0341

Fz1081012_0261

Fz1081012_0061

Fz1081012_0321

こんな感じで装着してます。

注意点、ハンドル切れ角の制限が必要になりますから、当然ロック使用できません。何か対策せねば(ハ~

しかし、ポジション最高です。 下半身での操作が楽に出来る様になりましたぜ!

敢えて、例えるならばR1等のハンドルを5cmくらいUPにした感じですか?

隼あたりに近いかな?

下半身で、荷重を操作できる事が課題であったので、非常に満足してます。

ただ、リターンして2年未満からくる不慣れが原因で、下半身が使えなかった事も事実だと思われます。ここまでの変更が必要かどうかは、結果論でしかなく、現実にライディングの基本である、下半身の使い方が蘇ってきたことが、今後のバイク道への安全につながると考えてます。

バイクになぜ乗るの?

私は、家族の笑顔に会う為です。

バイクに乗った後は、家族に優しく出来ませんか?

負い目もあるけど、それは内緒!  ハッハッ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/10/17

FZ1カスタムネタ-その8

今回は、足元廻りのカスタムの巻。

納車から慣らしの間は標準のステップで過してましたが、グニャグニャした感覚と、インフォメーションの遅れが気になり、バックステップの導入を検討し始めました。

逆チェンジ可能な事と、4ポジション程度変更できること、そして剛性のしっかりした製品を探していましたが、2007年4月頃は選択の余地はありませんでした。

で、購入したのは オーバー製品です。

Fz1_070628_0082

しかし、この時点のハンドルとの相性の問題で、前方へ15mm、下方へ15mm程度へポジション変更したくて、例の店主に相談したら、一言 「 できるよ 」 と即答でしたので、早速作業に掛かってもらいました。ついでなので、アルミホイールカラーのブラックで着色してます。

ステップ左右の幅が広くなったのも許せなくて、本来の装着と反対の内側装着の際に、カラーをかませて止めてます。

072008_0091

20083_0322

これは、UPハンとの相性は良かったです。

しかし、この後にエンジンのパワーが格段にUPしたので、タンクの造形変更して、ホールド性UPに対処してからは、もう少しステップ位置が後で上にあれば良いなと思い始めたのです。そこで、また例の店主に相談して製作したのが下の画像です。

Fz1081012_0022

Fz1081012_0232

このステップ位置だと戦闘的なポジションです。

しかし、問題が発生しました。

フロントの荷重が少ないのです!

エンジンのパワーUPに対して、もう少しF荷重を増やさないと簡単にFが上がっちゃいます。予期しないところで、リフトするのは気持ちよいものではないですよね。

下半身の納まりは非常に良いので、あとはハンドル変更で解決するはずと!

今後、ぼちぼちとハンドル廻りとかエンジンの話とかをUPしていきたいと思います。

週末の日曜日は、伊豆バトルツーに行ってきます。

皆様、無事を祈って下さい!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/10/16

FZ1カスタムネタ-その7

前回の続き。

親父になると体力が無くなる、そこで体力をカバー出来るアイテムの投入となりました。

おっと、その前に最初の仕様を記載しときますね。

ブレーキ廻りは、フロント R1セミラジ+メッシュホース+ノマールキャリパー での感触は、硬いだけでノーマルのゴムホースの方がコントール性が良くて好みであった。そこで、+パット交換でメタリカt3 を投入し、劇的に変化! 

こりゃすげぇ~、コントロール性も効きも文句無し!

しかし、慣れとは怖いもので、握りきる辺りでのコントール性に不満が出てきて、体力的にも厳しくなりモアベストはないのかと模索してる時に、先の店主に相談したところ、あるよ になった訳ですわ。

そして、装着されたアイテムがこれと

20083_0411_2 

御存知、ブレンボの19×18 削り出し  コントロール性重視で選択。

そして、これ ラジアルキャリパー+プレート5.5mm

072008_0131

効きは大差ないですけど、コントロール性は優れてます。いずれパット交換すれば効きも変化するはず・・・かな?

そして、早くから装着してた物ですけど

072008_0141

ステダン 180mm   装着は、フレームにアルミ材でステーを製作してもらってます。

自分では出来ませんから、あの店主にお願いして装着です。

この店主のモットーは、無いものは作るです   神様ですね!

これで、強力なブレーキアイテムをゲット!

そうすると、体力がきつくなるので、第一章の腰廻りを楽にするカスタムになった訳です。

次回は足廻りの第二章に入る予定です。ちょっとだけ画像

Fz1081012_0231

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/10/15

FZ1カスタムネタ-その6

前回はライディングポジションの腰廻りのカスタムでしたので、次は足回りの第二章とします。

そうそう、先に腰廻りのカスタムをやる気になった理由にふれときます。

時は西暦2007年、4月、23年の歳月を飛び越えてバイク道の入口に立った、ろくでなしの親父は、颯爽と愛機FZ1と共にツーリングに参入したのであった。

一日の走行距離250㎞程度のツーリングなんて、”軽いさ”、真夏のレースに比べれば全然平気さ、でも、23年振りにバイクに乗るし、一番後ろからマイペースで付いていけば大丈夫だろう!  この時点で、走行距離00000㎞  新車です。

と簡単に考えて参加しちゃいましたさ!

それが間違いの元で、予想を大きく裏切り体力が無い!

腕がつる。足がつる。

初めて思いました、バイクに乗る事は スポーツ なんだと(涙

それから、一人でコソ練して、減量して、筋トレして、・・・・・・・

自重5.0㎏下げ、腰周りも8㎝細く、結構頑張りました・・・(神さんはそれが普通と)

と、涙ぐましい努力により、300㎞程度のツーリングは平気になりました。

それだけ?  ほっとけ!

人間には限度がある、努力にも限度がある。そこで、ドラエモン体力をカバーするアイテムは無いの?  ドラエモンは答えてくれません。 

しかし、店主曰く 「 あるよ 」なにがあるんだ?

店主曰く 「 年寄りに最適なものさ 」 なんだそれ?

店主曰く 「これと、これと、これだよ 」 すげ~

親父   「 店主、これ幾ら? 」

店主曰く 「 しょうがねな~ 他に言ううじゃね~ぞ  ○×○▽△でいいよ 」

親父    「 コンビニに行ってきます  」

店主曰く  「 お前のは、そのままじゃ着かね~ぞ~ 」

親父    「 ・・・・・・・・  」

いろいろとありまして、着いたのがこれです。

黒いのFフォークは05R1で、これだけは店に無かったのでオークション購入。

続きは次回に。

072008_012_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/10/14

FZ1カスタムネタ-その5

時間が一番掛かったカスタム。

キズ有り部品を安く仕入れて、切って、たたきまくり、パテで盛まくり、塗装で失敗して、それでもめげずに、仕事の合間に作り続けて、製作日数3ヶ月も掛けて完成した物です。

目的は、下半身のホールドUP(横・前後方向共に)と、お尻のスッキリ感を目指しました。

そして、カスタムの最終ポジションに向けての第一章でもあります。

Fz1081012_0322

Fz1081012_0081

Fz1081012_0062

このカスタムは、個人的には一番のお気に入りです!

シートの前部分も7cm盛り上げて、10㎝の傾斜部を作ってます。

そして、シートの沈み込みが大きいと言うか、上からの荷重が大きいと言うのか、お尻が痛くなるので、中のスポンジ下部を削除してレーサーに使うゴムシートを挿入して、沈み込みを小さくしてます。お尻の痛みも和らいでいい感じですよ。

画像でカスタム場所は特定出来ますよね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

FZ1カスタムネタ-その4

リヤサスのタンク取付状況。

アルミ板の成形で、タンクなりのR加工して、ボルト2本にて止めてます。

タンクとアルミ板との間には、ラバーを挟んでるので、遮熱にもなると思います。

20083_0331

20083_0371

プリロード用はタンクの後側ボルトに共締めで装着してます。

こんな感じで解りますか?

市販品ではないので、美しくはないですよ。

製作時の注意

熱の遮断にならない様にする事。(タンクの上の部品は熱くなります)

スイングアームが当らない様に位置決めする事。

リヤサスのストロークが150mmある場合はピポット~アクスルシャフトの距離640mmとして、タンク取付位置がピポットから213mmにあれば、約1/3の距離であるので、150×1/3=50mmのスイングアームの可動があるから、安全率をみて60mm以上の隙間を作る。

では、皆さん頑張って作ってみましょう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/10/13

FZ1カスタムネタ

オーリンズリヤサス装着状況。

昨年の6月初旬まで、オーリンズの発売を待ったのですが、車高調整機能はオプションになりそうなので、オーダー発注。

取付方法は、サブフレーム下にタンク等を装着する事が理想と思い、ストロークから装着位置のスイングアーム長の比率で大丈夫だろうと、装着位置を決めちゃいました。

Fz1081012_0121  Fz1081012_0111

こんな感じで装着してます。

こんなので判りますか、なつやまさん?

現物を見ないと無理かな?

市販のオーリンズとは若干の相違があると思いますが、オーダーは、標準サス長でバネレートを標準の11.4(実測)から11へ変更して、車高調整機能つきにしてます。

次にカスタムUPの希望があれば、コメント下さいな。

因みに、カスタムの内容は・・・・・・・いっぱい。

標準の箇所は、

フレーム・Fカウル・リヤカウル下・リヤシート・FRホイール・ヘッドライト・FRフェンダーぐらいかな?

自分でも結構いじくってますけど、大事な部分は行きつけのお店で御願いしてますので、説明できる事と出来ない事があるので、ご勘弁を!

では、皆様のお便りお待ちしてます・・・・・来なかったらどうしよ(涙

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/10/12

シートバックの固定

シートバックを積載する時に、所有している物だとベルトをリヤシートに一周させて固定するので、着脱がめどんくさくて考え付いた方法(一部パクリ)Fz1081012_0171 Fz1081012_0201

ベルトを切断して、こんな感じで固定してます。

バックを使用する、しないで、簡単にベルトを出し入れできるので便利ですぜ!

サイドスタンドの画像もUPしときます。

Fz1081012_0011 Fz1081012_0021 Fz1081012_005

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/10/11

FZ1カスタムネタ

FZ1にバックステップを装着されている方向けカスタムです。

バックステップ装着すると、サイドスタンドを出しづらいですよね?

そこで、R1のサイドスタンドに取替えると、チェンジペダルとステップの中間位置にサイドスタンドの棒?があるので、純正品の如く出せるだな!

最初の目的はサーキット走行の際に、サイドスタンドの棒?を擦って、次に地面に接する平らな部分を擦り、最後にサイドスタンドの台座プレートを擦るって事で、バンク角を稼ぐ為にR1用に取替えしたのだけど、あれ! ラッキーで、サイドスタンドの操作が楽になっちゃった。

04R1用を流用し、装着の際にはスイッチがFZ1と反対側に付くので、一部フレームを削って付けてます。

蛮勇ある方はお試しあれ。

今回のカスタム費用は、オークション利用で2300円程度でした。

次回に画像UPしますね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/10/09

ヤマハFZ1 愛機07.06続編

画像UPの練習です(涙    うまくいくかな?Fz1_070628_0081_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヤマハFZ1 愛機

Fz1_070628_0031_7 ヤマハFZ1  愛機となって、3ヶ月経過の頃かな?

画像取込に挑戦の巻ですが・・・・・

一度はチタンコーティングのスクリーンを着けたくて、しかし、親父には不釣合いと結論つけて、オークション行き決定した悲しいスクリーンですわ。

Fz1_070628_0071_4  

この頃は、もうこれで十分だと思っていましたね?

ただ、リヤサスだけはオーダー入れて、待ってましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/08

チャレンジ

いい加減な性格ゆえ、ま~やってみよう精神でブログ開設してしまった親父の1000です。

ブログの機能をまったく理解してないので、何時更新するかわからないし、中断する事も十分考えられるので皆様気長にお付き合い下さいな!

タイトル通りのろくでなし親父の趣味、バイクをメインにやっていこうと思う・・・寄り道多しかも?

青春時代にバイク一色で過し、二十数年振りにバイク道へリターンした親父です。

この道にたどり着いたのは、共に青春時代を過した悪友のバイク道が原因だな!

原因はさておき、結果は2007年4月に、ヤマハ 07FZ1 を愛機とし、この道の入口にたったのである。

因みに、本日10月7日はノリックの命日でもあります。

072008_005

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年11月 »