« FZ1-R | トップページ | リンクプレートの加工 »

2010/05/05

リヤサスの不満

親父のリヤサスは、オーリンズを入れてます。

FZ1専用オーリンズのスプリングレートは120Nらしいいですね。 しかし、親父のスプリングレートは110Nを入れてます。

導入時はノーマルEgで、一人乗車しか考えてませんでした。

ノーマルEgで、コーナークリップ~出口付近にて1000rpm程度にて5㎜程度のストロークを残すセットでした。

しかし、EgがパワーUPした関係8000rpm付近でフルストロークするようになり、不満がアリアリです!

車高調整機能がついているので、標準±5㎜(エンドアイ)の範囲で調整するも、範疇をこえてますがな。

そこで、120Nのスプリングを赤羽さんに送ってもらった・・・・しかし、スプリング長が違う!

う~ん、参った!

 

これは、かねてより考案中のリンク加工に着手するしかないか・・・・

 

車高をほぼ現状維持し、スプリングレートを変えずにレートを上げた症状にする。

リンクプレート(三角で鉄製のやつです)のサス用穴の位置変更および剛性UP計画発動じゃ!

とりあえず、鋼製フラットバー(25幅 t=6)を用意。

次に、穴位置の検討。

ノーマル加工につき、縁を4㎜、穴間4㎜ を残して10㎜の穴を明ける。

標準と加工穴の芯間は14㎜。

そして、鋼製フラットバーを切断して、プレートを補強。

 

穴位置のみ変更して、試乗すると・・・・いい感じでないかい( ̄ー ̄)ニヤリ

狙い通りで、クリップ付近で、2車体程度IN側入る。

やっと基本車体姿勢を作れた!

次にプレートの補強。

 

補強する原因は、バンク中に路面のうねり等でプレートのゆがみを感じる事。

たまに、リヤ廻りが斜めの縦揺れをするので、補強を実行する。

想像通りの剛性を得れれば、一般道の制限速度域でも補強の恩恵を感じると思う。

 

補強も完了し、あとは試乗するのみ。

 

楽しみです。

そして、良い結果が得られれば、13日に筑波に行こうかと。

 

今までも、筑波は何度か走ってるけど、楽しくなかった・・・曲がらない!

出来れば、スプリングレート115Nを入れたいけど、110Nでどこまでいけるかも楽しみだ。

|

« FZ1-R | トップページ | リンクプレートの加工 »

カスタム妄想」カテゴリの記事

コメント

凄いなぁ。
私はリンクプレートの事なんて、考えた事も無いです。
足付きに不満が無いので、ローダウンも必要ないですし。
う~ん、オーリンズも体感出来てるかどうか・・・。

投稿: ride_on_fazer | 2010/05/05 07:01

ride_on_fazer さん

リンクプレートの補強は、必ず実感出来ますよ。

リヤサスが固いと感じれば、10㎜前に移動で改善されると思います。ただし、補強は必要です。

うねり等の動きに違和感を感じれば、価値はありますよ。

投稿: 1000 | 2010/05/06 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525240/48271574

この記事へのトラックバック一覧です: リヤサスの不満:

« FZ1-R | トップページ | リンクプレートの加工 »